北穂南稜ルート(夏道)開通

北穂南稜ルート(夏道)が通れるようになりました。
ただし残雪あるので、しばらくはピッケル(またはストック)、アイゼン(6本爪以上)が必要です。
残雪は涸沢カール内、涸沢小屋から200m上部、南稜取り付き下(鎖場下)、そして北穂山頂直下の松濤コルにあります。
部分的に雪を階段状に切ってあるところもありますが、1日雨が降ればなくなってしまうので、上記装備が必要となります。
特に下りはバランスを取り、滑落しないよう慎重に歩いて下さい。
7月中旬以降は特別な装備の必要もなくなると思いますが、最新情報は北穂高小屋までお問合せ下さい。
山小屋直通電話090-1422-8886

次の記事

登山道状況